1. ラジオNIKKEI賞!勝者は知ってるマル秘データ!!

記事

ラジオNIKKEI賞!勝者は知ってるマル秘データ!!

負担重量がハンデキャップで行われる3歳馬限定のレースは、年間を通じてこの一戦だけ。別定からハンデキャップに変更された2006年以降の過去10年の結果を見ると、中山競馬場で行われた2011年を除くすべての年で単勝6番人気以下の馬が馬券に絡んでいる。各馬の実力比較のほかに、ハンデ差についても考慮していきたい一戦だ!


[表1] 負担重量と成績

負担重量 成績 勝率 連対率 複勝率
51kg以下 0-0-1-11 0.0% 0.0% 8.3%
52kg 1-0-0-14 6.7% 6.7% 6.7%
53kg 1-1-3-34 2.6% 5.1% 12.8%
54kg 5-2-2-33 11.9% 16.7% 21.4%
55kg 1-5-3-16 4.0% 24.0% 36.0%
56kg以上 2-2-1-19 8.3% 16.7% 20.8%

年間を通して唯一の3歳馬限定のハンデキャップ競争![表1]は負担重量と成績を示したもので、過去10年の成績をまとめてみると、もっとも多く勝ち星を挙げているのはハンデ54kgの馬。また好走率では55kg組が連対率と複勝率でトップの数値をマークしている。なので中心となる馬は54kg組と55kg組と考えていいだろう!


[表2] 単勝オッズと成績

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
4.9倍以下 2-2-2-5 18.2% 36.4% 54.5%
5.0〜9.9倍 5-4-3-25 13.5% 24.3% 32.4%
10.0〜19.9倍 2-1-2-25 6.7% 10.0% 16.7%
20.0〜29.9倍 1-0-0-24 4.0% 4.0% 4.0%
30.0〜49.9倍 0-2-2-22 0.0% 7.7% 15.4%
50.0倍以上 0-1-1-26 0.0% 3.6% 7.1%

過去10年で単勝6番人気以下の馬が馬券に絡んでいるので人気面を見てみると![表2]は人気と成績を示したもので、過去10年の成績を調べてみると、3着以内馬30頭中18頭は10倍未満の上位人気馬が占めていることがわかった。30倍以上の下位人気馬は6頭が3着以内に入っているものの、最高は2着で優勝馬は出ていない。また連対率や複勝率では白百合S組も侮れない!


[表3] 前走レースと成績

前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
NHKマイルC 0-1-3-5 0.0% 11.1% 44.4%
その他のGI・JpnI 0-0-0-16 0.0% 0.0% 0.0%
青葉賞 3-0-0-4 42.9% 42.9% 42.9%
その他のGII・JpnII 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
GIII・JpnIII 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
プリンシパルS 1-2-2-8 7.7% 23.1% 38.5
白百合S 0-4-0-14 0.0% 22.2% 22.2%

ステップレースにも注目をしてみる![表3]は前走レースと成績を示したもので、残念ダービーと言われるだけに、青葉賞組、プリンシパル組の好走率が高い。実績一番のG1組はNHKマイル組しか3着以内に来たことがなく、複勝率では一番だが過去10年では勝ち馬が出ていない。


【まとめ】

ステップレースから絞り込んでいくと、今年は青葉賞組が1頭もいないで勝ち馬も含めて考えるとプリンシパル組が中心となるのだが、好走率を考えるとNHKマイル組や白百合S組も含めるべきだろう。今年出走のメンバーでプリンシパル組はゼーヴィント、ミエノドリーマー、NHKマイル組はストーミーシー、アーバンキッド、白百合S組はブラックスピネル、ジョルジュサンクの計6頭となる。

次に斤量面を考えると、勝ち星をあげてる54kg組、連対率と複勝率でトップの数値をマークしている55kg組。これらを加味すると54kgのゼーヴィントがこの中で好走する可能性が高いといえよう。

最後にコース的な特徴から、開幕週の福島の芝1800mのハンデ戦、後方から行く馬よりは、先行できる馬の方が有利に競馬ができることは明白で、脚質も差し、追い込みよりは先行馬を中止に考える方がいいだろう!


3歳馬限定のハンデ重賞!ラジオNIKKEI賞!!最終結論は会員ページ内で配信!今なら登録するだけで10,000円分に相当する情報が無料で配信!さらにポイントバック会員としてご登録!豪華特典をゲットしたいなら今すぐご登録ください!!!

戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ