1. 目黒記念!ダービーがダメでも目黒はイケる至高のデータを大公開!!

記事

目黒記念!ダービーがダメでも目黒はイケる至高のデータを大公開!!

伝統の長距離ハンデキャップ重賞!2006年より目黒記念は日本ダービー当日の東京競馬最終レースとして行われている。長距離のハンデキャップレースということもあり、2009年にミヤビランベリ(8番人気)、2014年にマイネルメダリスト(8番人気)、2015年にヒットザターゲット(11番人気)が優勝しているように、波乱の結果となるケースも少なくない!果たして今年はどんな結果が待ち受けているのだろうか?


[表1] 負担重量と成績

負担重量 成績 勝率 連対率 複勝率
51kg以下 1-2-0-11 7.1% 21.4% 21.4%
52〜53kg 0-0-2-25 0.0% 0.0% 7.4%
54kg 3-0-2-27 9.4% 9.4% 15.6%
55kg 1-2-2-21 3.8% 11.5% 19.2%
56〜57kg 14-4-4-37 8.2% 16.3% 24.5%
57.5kg以上 1-2-0-19 4.5% 13.6% 13.6%

長距離のハンデ戦まずは各馬のハンデをチェック![表1]は各馬の負担重量と成績を示したもので、過去10年の出走馬をまとめると、56〜57kgの馬が3着以内に12頭入るなど複勝率でトップとなっている。2011年以降の過去5年間に限れば、56〜57kgの馬が6頭、55kgの馬が2頭連対しており、近年はハンデが55〜57kgの馬が好走する傾向が強くなっている。ハンデよりも実績重視だが、51キロ以下の超軽ハンデの馬には注意が必要だ。


[表2] 過去3走の3着以内の回数と成績

3着以内の回数 成績 勝率 連対率 複勝率
3回 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
2回 4-4-4-28 10.0% 20.0% 30.0%
1回 4-2-3-44 7.5% 11.3% 17.0%
0回 1-2-2-58 1.6% 4.8% 7.9%

次に注目は近走の着順、巻き返しよりも勢いを重視![表2]は過去3走の3着以内の回数と成績を示したもので、過去10年の出走馬を見てみると、3着以内に入った回数が3回と2回の両グループが好走率で、1回と0回だった2グループに大きな差をつけているが、ここ2年は、2014年のラブイズブーシェ2着、2015年のヒットザターゲット1着と、過去3走で3着以内に入った回数が0回だった馬が2年連続で連対を果たしている。


【まとめ】

伝統の長距離ハンデ重賞の目黒記念!ハンデ戦ということもあり、軽ハンデ馬に注目がいってしまうが、そこがハンデ戦の盲点でもあるところ!目黒記念も中心となるのは55キロ〜57キロの馬で、51キロ以下の軽ハンデ馬は穴馬として考えておこう。

次に注目すべきは勢い、実績があっても近走の成績が伴わない馬を中心にはできない。過去3走で2走以上は3着に来ている馬を中心にるのが良いだろう。今年の出走馬の中から、ハンデ、勢いの2つファクターをクリアした馬は、スーパームーン、タッチングスピーチ、マリアライト、モンドインテロの4頭。


伝統の長距離ハンデキャップ重賞!最終結論は会員ページ内で配信!今なら登録するだけで10,000円分に相当する情報が無料で配信!さらにポイントバック会員としてご登録!豪華特典をゲットしたいなら今すぐご登録ください!!!

戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ