1. 京都記念!G1級の古馬が始動する一戦

記事

京都記念!G1級の古馬が始動する一戦

2010年のブエナビス、2015年のラブリーデイ、連覇したサトノクラウンや昨年のクリンチャー。G1競走で主役を演じる馬達が春はココからスタートする。京都記念から今年飛躍を遂げる馬はどの馬なのか!今年好走しそうな馬を見つけながらみていこう。


[表1] 前走レースと成績

前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
有馬記念 4-1-3-6 28.6% 35.7% 57.1%
菊花賞 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
天皇賞・秋 1-1-0-0 50.0% 100% 100%
香港ヴァーズ 1-1-0-0 50.0% 100% 100%

ローテーションを含め前走レースを見てみる。[表1]は前走レースと成績を示したもので、過去10年の勝ち馬10頭のうち4頭が前走で有馬記念を使っていた。また勝ち馬10頭のうち8頭は前走でG1競走を使っており、G1からの参戦馬が好走しやすいと考えていいだろう。


[表2] 前走距離と成績

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
距離短縮 7-5-8-38 12.1% 20.7% 34.5%
同距離 0-1-1-17 0.0% 5.3% 10.5%
距離延長 3-4-1-30 7.9% 18.4% 21.1%

距離が2200mということで中距離馬も長距離馬も参戦する京都記念。[表2]は前走距離と成績をしめしたもので、過去10年の勝ち馬10頭中7頭は前走から距離を短縮した馬で、中距離路線の馬よりは、長距離路線の馬の方が好走しやすいようだ。


[表3] 年齢と成績

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4-4-3-23 11.8% 23.5% 32.4%
5歳 5-1-6-19 16.1% 19.4% 38.7%
6歳 1-4-1-24 3.3% 16.7% 20.0%
7歳以上 0-1-0-19 0.0% 5.0% 5.0%

次は世代別の強さを見てみる。[表3]は年齢と成績を指名したもので、過去10年で5歳馬が5勝、4歳馬が4勝とこの世代で9勝しており、中心となるのは4歳馬、5歳馬と考えていいだろう。


[表4] 騎手と成績

騎手 成績 勝率 連対率 複勝率
M・デムーロ 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
武豊 2-1-1-1 40.0% 60.0% 80.0%
横山典弘 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%

次は騎手の成績も見て置く。[表4]は騎手と成績を示したもので、このレースを得意としている騎手は、過去10年で2勝している武豊騎手、デムーロ騎手、横山典弘騎手。この騎手が騎乗する馬は注意しておいた方が良いだろう。


[表5] 種牡馬と成績

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 1-5-2-10 5.6% 33.3% 44.4%
キングカメハメハ 2-1-1-9 15.4% 23.1% 30.8%

最後に血統背景も確認しておく。[表5]は種牡馬と成績を示したもので、キングカメハメハ産駒、ディープインパクト産駒がこのレースを得意としている注目しておこう。


【まとめ】

今年出走を予定しているメンバーから好走しそうな馬を探して見る。

まずは世代別に振るいをかける。[表3]で示したように中心となるのは4歳馬と5歳馬、6歳以上の馬は苦戦が強いられる。今年出走予定のメンバーで4歳、5歳の馬は、ステイフーリッシュ(牡4歳)、タイムフライヤー(牡4歳)、ダンビュライト(牡5歳)の3頭だけ。

次に前走レースを見てみる。[表1]で示したように前走で有馬記念を使っている馬は過去10年で4勝をしている。上記の3頭の前走レースを見てみると、3頭とも年明けの重賞競走を使っている。ちなみに有馬記念からここへ参戦する馬はパフォーマプロミス(有馬記念14着)、マカヒキ(有馬記念10着)の2頭。

[表1]と[表3]でピックアップされた馬に[表2]を当て嵌めてみる。過去10年の勝ち馬10頭中7頭は前走から距離短縮でこのレースに挑んでいる。ステイフーリッシュとタイムフライヤーや中山金杯(芝2000m)から、ダンビュライトはアメリカJCC(芝2200m)からの参戦、パフォーマプロミスとマカヒキは有馬記念(芝2500m)からの参戦なので、有馬記念組の方が好走する可能性は高そうだ。

ではパフォーマプロミスとマカヒキのどちらが好走するのか!それは騎手や血統などを当て嵌め、各自で結論に辿り着いて欲しい。


G1級の古馬が始動する一戦!京都記念!最終結論は会員ページ内で配信!!今なら登録するだけで10,000円分に相当する情報が無料で配信!さらにポイントバック会員としてご登録!豪華特典をゲットしたいなら今すぐご登録ください!!

戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ