1. 高松宮記念!レッドファルクスを負かす伏兵馬を大暴露!

記事

高松宮記念!レッドファルクスを負かす伏兵馬を大暴露!

今週は中京競馬場で電撃6ハロンのスプリント戦、高松宮記念が行われます。スプリンターズSを連覇したレッドファルクスか!前哨戦の阪急杯でレッドファルクスを撃破したダイアナヘイロー!スプリンターズS5着と善戦した外国馬ブリザード!今年はどんなドラマが生まれるのか楽しみです。

スプリンターズステークスを連覇したレッドファルクスが、昨年3着の雪辱をと注目を浴びている。全体的に年齢層の高い今年の高松宮記念、まずは年齢とレースの関係から紐解いていこう。

 

[表1] 年齢と成績

年齢レース 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 2-0-4-30 5.6% 5.6% 16.7%
5歳 5-5-2-35 10.6% 21.3% 25.5%
6歳 0-5-2-35 0.0% 11.9% 16.7%
7歳以上 3-0-2-47 5.8% 5.8% 9.6%

[表1]は年齢と成績を示したもので、過去10年で5歳馬が4勝、4歳馬が2勝しており、過去10年で7年間は5歳以下の馬が勝利している。

 

[表2] 前走着順と成績

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 4-5-3-21 12.1% 27.5% 36.4%
2着 4-2-3-14 17.4% 26.1% 36.4%
3着 0-1-0-16 0.0% 5.9% 5.9%
4着 1-0-1-9 9.1% 9.1% 18.2%
5着以下 1-2-3-87 1.1% 3.2% 6.5%

[表2]は前走着順と成績を示したもので、過去10年間の勝ち馬の内8頭は前走2着以内の馬だった。また3着以内に好走した30頭の内の21頭は前走2着以内に好走しており、勝ち馬、穴馬を含め前走2着以内というのは大切なファクターとなりそうだ。

 

[表3] 前走着差と成績

前走着差 成績 勝率 連対率 複勝率
0.0秒差 1-0-2-6 11.1% 11.1% 33.3%
0.1秒〜0.2秒 4-2-2-22 13.3% 20.0% 26.7%
0.3秒〜0.5秒 0-1-1-37 0.0% 2.6% 5.1%
0.5秒〜0.9秒 1-2-2-31 2.8% 8.3% 13.9%
1.0秒以上 0-0-0-29 0.0% 0.0% 0.0%

着順を見たところで着差にも目を向けてみよう。[表3]は着差と成績を示したもので、ここで注目したいのは前走負けた馬と勝ち馬の着差。勝ち馬から0.9秒差であれば勝つ事も可能であり、巻き返す可能性は十分ある。逆をいえば前走が2着でも1.0秒以上離されたのであれば、本番での好走は難しいといえるだろう。

 

[表4] キャリアと成績

騎手 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 0-1-1-9 0.0% 9.1% 18.2%
栗東 9-8-8-102 7.1% 13.4% 19.7%

年齢に関連することだが気になるデータがあったので紹介しておく。[表4]はキャリアと成績を示したもので、過去10年の勝ち馬の内の6頭はキャリア15戦の馬だった。実にこの6頭というのが2012年のカレンチャンから昨年のセイウンコウセイの6頭で、言い換えれば6年連続でキャリア15戦以内の馬が勝っており、今年もこの流れは注意が必要だろう。

 

[表5] 騎手と成績

騎手 成績 勝率 連対率 複勝率
幸英明 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
岩田康成 1-2-2-4 11.1% 33.3% 55.6%
福永祐一 1-0-2-4 14.3% 14.3% 42.9%
M・デムーロ 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%

今度は騎手に目を向けてみよう。[表5]は騎手と成績を示したもので、過去10年の高松宮記念で好成績を残しているのは2勝をしている幸騎手。他には複勝率で幸騎手を上回る、岩田騎手、福永騎手、M・デムーロ騎手。

 

[表6] 乗り替わりと成績

乗替り 成績 勝率 連対率 複勝率
同騎手 7-9-7-86 6.4% 14.7% 21.1%
乗替り 3-1-3-68 4.4% 5.9% 10.3%

また乗り替わりに関してのデータも付け加えておく。[表6]は乗り替わりと成績を示したもので、前走から乗り替わった馬よりも、前走と同じ騎手が手綱を取った方が好成績の傾向にある。

 

[表7] 種牡馬と成績

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
アドマイヤムーン 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%

最後に血統背景にも触れておこう。[表7]は種牡馬と成績を示したもので、過去10年で好成績を残しているのはアドマイヤムーン産駒。今年出走する馬の中では、セイウンコウセイとファインニードルがアドマイヤムーン産駒なので注意が必要になるだろう。

 

【まとめ】

今年出走予定の馬から好走しそうな馬を探してみる。

[表1]から年齢的に6歳以上の馬は厳しく4歳5歳の馬を中心と考える。今年出走する18頭の内、4歳馬は3頭、5歳馬は5頭いる。

次にこの8頭に[表2]をあてはめてみる。4歳5歳の馬で前走2着以内の馬は、キングハート、セイウンコウセイ、ダイアナヘイロー、ナックビーナス、ファインニードルの5頭。はじかれた3頭も勝ち馬から0.9秒差以内なので穴馬としては魅力がある。

次に[表4]のキャリアを当てはめたかったが、上記の5頭はいずれも16戦以上をしており、当てはめると該当馬がいなくなる。逆に着順ではじかれた3頭は、3頭とも15戦以内の馬、この3頭が今後のスプリント界を背負う逸材なら、歴代の馬達のようにココで勝ち切る可能性も十分にある。

昨年3着でスプリンターズステークを連覇して、今年も1人気になりそうなレッドファルクス。年齢、着順、乗り替わりといろいろなデータに引っ掛かってしまう。データ的に見てみると、大混戦で世代交代の一戦となりそうな気がする。

上記に挙げた馬たち以外にも、このレースを得意にしている騎手の馬、血統的な裏付けでアドマイヤムーン産駒の馬、今年はどの馬からでも狙える高松宮記念といえるかもしれない。

 

中京競馬場で電撃6ハロンのスプリント戦!高松宮記念!!最終結論は会員ページ内で配信!今なら登録するだけで10,000円分に相当する情報が無料で配信!特典をゲットしたいなら今すぐご登録ください!!

戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ