1. エリザベス女王杯!牝馬の頂上決戦を制する馬を大公開!!

記事

エリザベス女王杯!牝馬の頂上決戦を制する馬を大公開!!

過去10年で1人気は2勝2着4回3着2回と8回馬券に絡む安定感がある一方、10年で僅か2勝と勝ち切れない。また9年連続で秋華賞組(3歳牝馬)が馬券圏内に好走していたが、昨年3歳牝馬は絡まなかった。今年は秋華賞の1着〜3着馬が参戦、実力馬が揃ったエリザベス女王杯!淀を舞台に秋の最強牝馬決定戦、女王の栄冠を手にするのはどの馬か!

 

[表1] 前走レースと成績

前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
秋華賞 3-3-3-25 8.8% 17.6% 26.5%
府中牝馬S 2-1-3-32 5.3% 7.9% 15.8%
オールカマー 2-1-0-2 40.0% 60.0% 60.0%
京都大賞典 1-2-0-8 9.1% 27.3% 27.3%

基本となるステップレースか紐解いていく。[表1]は前走レースと成績を示したもので、過去10年で3勝をしているのが秋華賞組、3着以内にも9頭入っており3歳馬を中心に取る手もあるが、連対率、複勝率なだオールカマー組、京都大賞典組が好成績を残している。

 

[表2] 年齢と成績

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 4-4-3-36 8.5% 17.0% 23.4%
4歳 4-3-6-42 7.3% 12.7% 23.6%
5歳 2-2-0-43 4.3% 8.5% 8.5%
6歳以上 0-1-1-18 0.0% 5.0% 10.0%

では年齢に注目してみる。[表2]は年齢と成績をしめしたもので、過去10年で4勝している3歳馬、4歳馬。2勝している5歳馬、6歳以上の馬で勝った馬は一頭もおらず、中心となるのは3歳馬、4歳馬と考えて良いだろう。

 

[表3] 乗替りと成績

乗替り 成績 勝率 連対率 複勝率
同騎手 7-7-9-75 7.1% 14.3% 23.5%
乗替り 3-3-1-64 4.2% 8.5% 9.9%

今度は騎手にも注目してみる。[表3]は乗替りと成績を示したもので、エリザベス女王杯で乗り替わるより、前走と同じ騎手が騎乗する方が好成績を残せるようだ。

 

[表4] 騎手と成績

騎手 成績 勝率 連対率 複勝率
ムーア 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
ルメール 1-2-1-4 12.5% 37.5% 50.0%
蛯名正義 1-0-2-4 14.3% 14.3% 42.9%
デムーロ 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%

次にエリザベス女王杯を得意としている騎手を見てみる。[表4]は騎手と成績を示したもので、エリザベス女王杯を得意としているのはムーア騎手とルメール騎手、次位で蛯名騎手とデムーロ騎手も複勝率40%を超えているので注意が必要だ。

 

【まとめ】

今年出走予定のメンバーから好走しそうな馬を探してみる。

まずは年齢から[表2]で示したように、エリザベス女王杯では若い馬の方が好走率は高く、過去10年で6歳以上の馬は勝っておらず、今年も3歳〜5歳の馬を中心に考えて良いだろう。次に前走レース、[表1]で示したように秋華賞組、オールカマー組、京都新聞杯組が好走しやすい。

これらを加味し3歳〜5歳馬で秋華賞組、オールカマー組、京都新聞杯組を抜粋すると、ディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャン、ルージュバックの4頭が有力と考えられる。ただ古馬のルージュバックは休み明け2戦目は【0,0,0,4】というデータもあり、今年の中心は3歳馬と考えたい。

 

淀を舞台に秋の最強牝馬決定戦!エリザベス女王杯!!最終結論は会員ページ内で配信!今なら登録するだけで10,000円分に相当する情報が無料で配信!さらにポイントバック会員としてご登録!豪華特典をゲットしたいなら今すぐご登録ください!!

戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ