1. 東京競馬場

競馬場データ

東京競馬場

東京競馬場

コース紹介

競馬場というと東京競馬場をイメージする人が多いほど、年間で数々のビックレースが行われる東京競馬場。
芝コースは、1周2083m、直線525m、内回りや外回りといった特殊な形体を持たない競馬場としては、圧巻するほど大きな競馬場となっています。
ダートコースは、1周1899m、直線501mと日本一の大きさを誇り、さらに直線の坂の高低差が2.4mと、大きさだけでなく非常にタフなコースともいえるでしょう。

チェックポイント

東京競馬場の直線の長さ、ゆるやかなコーナー、さらに最大幅41mもある広々とした幅員など、レース中のゴチャ付きや紛れといった部分が出にくい作りをしており、紛れの起こり難い分、馬の能力が反映しやすいコースといえるでしょう。