1. 札幌競馬場

競馬場データ

札幌競馬場

札幌競馬場

コース紹介

芝コースは洋芝を使用しており、1周1640メートル、直線266メートル、最大高低差が60センチとほぼフラットな構造。
各コーナーにスパイラルカーブを採用しておらず、外側と内側の走りやすさは変わらないが、外を回れば回るほど距離的なロスは大きくなります。
ダートコースは、1周1487メートル、直線264メートルで、最大高低差が90センチ。
きめ細かい砂を利用しているため、サラサラとした砂質で、脚にかかる負担が少ない反面、スタミナが必要なさコースとなっています。

チェックポイント

札幌競馬場のコーナーはそれぞれの半径が大きく他場に比べて、大きく緩やかなカーブをしています。
そして直線は短く非常に円形に近いコース形体。
コーナーでは外を回れば回るほど距離のロスが大きくなる為、逃げや追い込み一辺倒の馬よりは、器用な馬やレース運びの上手い馬に注意が必要です。