1. 中山競馬場

競馬場データ

中山競馬場

中山競馬場

コース紹介

中山競馬場の名物ともいえる急坂。
これは競馬場の高低差5.3m作り出した難所といえるでしょう。
中山の芝は、外回り1周1840m、内回り1周1667m、内回りと外回りは2コーナーで分岐をして3コーナーで合流します。
よって3、4コーナーから直線は、内回り、外回り、共に同じコースを走ることになります。
直線では残り220m付近から70mの地点に掛けて、高低差2.4m、傾斜は約1.6mという、日本一きついのぼり坂が待ち構えています。
ダートコースは、1周1493m、直線310m、高低差4.4mと芝コースと同様に馬たちにとっては非常にタフなコースといえるでしょう。

チェックポイント

日本一の急坂を持つ中山競馬場は、軽快に飛ばしてきた馬たちの脚色が鈍り、ゴール前での逆転劇につながることがあります。
スピードよりもパワー、パワーをフルに発揮できるスタミナ、パワー+スタミナを要求する中山競馬場は、日本一タフなコースと言っても過言ではないでしょう。