1. 中京競馬場

競馬場データ

中京競馬場

中京競馬場

コース紹介

2013年3月にリニューアルした中京競馬場、芝コースの全長が1600mから1705m、ダートコースは1418mから1530mとなり、もっとも大きな変化が生じたのは直線にできた坂です。
直線に向くとすぐに高低差2mの急坂が待ち構えています。
いままでの中京ならば3コーナーから下り、直線もほぼフラットなコースだったのが、中山や阪神に負けないほどの急坂ができ、スピード重視の平坦コースから一変して、パワーとスタミナを要するタフなコースへと生まれ変わったのです。

チェックポイント

3コーナーから直線入り口までの下り坂、直線は急坂を駆け上がり、さらに200mの直線を走りゴール。
仕掛けるタイミングが非常に難しい競馬場になり、またペースが落ち着きにくい短距離線に関しては、逃げる馬にとってはこの急坂が大きな壁となることは間違いないでしょう。