1. マイラーズカップ!混戦マイルを読み解くデータを大公開!!

記事

マイラーズカップ!混戦マイルを読み解くデータを大公開!!

2012年に開催が1週繰り下げられ、舞台が京都競馬場に移ったマイラーズカップ!牡馬なら安田記念、牝馬ならヴィクトリアマイルと、マイルG1の前哨戦ともいえるこのレースに実績のある馬たちが集結する。今年もハイスピードなバトルが展開される!どのような馬が好走するのか、出走予定のメンバーから探してみたい。


[表1] 前走レースと成績

前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
中山記念 2-1-1-9 15.4% 23.1% 30.8%
香港マイル 2-0-1-1 50.0% 50.0% 75.0%
中京記念 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
東京新聞杯 0-1-4-7 0.0% 8.3% 41.7%
ダービー卿CT 0-1-1-27 0.0% 3.4% 6.9%
オープン特別 3-3-0-15 14.2% 28.6% 28.6%

[表1]は前走レースと成績を示したもので、重賞レースを使ってきた実績馬、このレースを気に飛躍を求めてる上り馬、様々な馬たちがこのレースを使って飛躍を求める。この中で成績が振るわないのがダービー卿組、過去10年で29頭出走して2着と3着が1頭ずつと苦しい戦いを強いられている。


[表2] 前走距離と成績

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
距離短縮 6-3-2-39 12.0% 18.0% 22.0%
同距離 4-5-7-73 4.5% 10.0% 18.0%
距離延長 0-2-1-19 0.0% 9.1% 13.6%

過去10年で2勝を挙げている中山記念組と香港マイル組、次は距離面に目を向けてみる。[表2]は前走距離と成績を示したもので、過去10年で距離延長組の勝ち星はなく、距離短縮組が6勝、同距離組が4勝しており、このレースを勝つのであれば前走は芝1600m以上を使っていた馬が有力といえるだろう。


[表3] 4角位置と成績

4角位置 成績 勝率 連対率 複勝率
先頭 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
2番手〜5番手 3-2-6-36 6.4% 10.6% 23.4%
6番手〜10番手 3-5-3-40 5.9% 15.7% 21.6%
11番手以下 1-1-1-49 1.9% 3.9% 5.9%

2012年に開催が1週繰り下げられたマイラーズカップ、その舞台は開幕週の京都コースだけに、各馬の位置取りに関しても確認しておこう。[表3]は4角位置と成績を示したもので、過去10年で4角先頭だった馬が3勝をしている。また4角で10番手以下から追い込んで勝った馬1頭しかおらず、過去10年で馬券圏内に絡んだ30頭中26頭は4角で9番手以内を走っていた。開催の京都ということを考えると逃げ・先行馬に大きなアドバンテージがあることが判るだろう。


[表4] 種牡馬と成績

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ホワイトマズル 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
ディープインパクト 1-3-3-11 5.6% 22.2% 38.9%
スペシャルウィーク 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
キングカメハメハ 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%

最後に血統背景も見ておこう。[表4]は種牡馬と成績を示したもので、ホワイトマズル産駒、ディープインパクト産駒、スペシャルウィーク産駒などが好成績を残している。逆に不振なのがキングカメハメハ産駒、過去10年で17頭出走して1着と3着が1頭ずつしか出ていない。


【まとめ】

今年出走予定の13頭からこのレースで好走しそうな馬を探してみる。

[表1]で示したように、前走レースではどのステップを踏んでもそれほど差が無かったが、過去10年でダービー卿組だけは苦戦を強いられており、今回出走予定のサンライズメジャー(ダービー卿13着)、シェルビー(ダービー卿15着)は今回も苦戦を強いられそうだ。

次に[表2]より前走距離から絞り込む、過去10年の勝ち馬は前走から距離短縮した馬か、同距離を使った馬だった。このことを踏まえると前走、阪神C(阪神芝1400m)のイスラボニータ、高松宮記念(中京芝1200m)のフィエロに関しては連絡みはあっても勝ち切るのは厳しいかもしれない。

昨年の覇者クルーガーや前走洛陽ステークスを勝ったダッシングブレイズも有力だが、共に追い込み馬ということを考えると展開的な恩恵は望めず、どこまで差してこれるかということになるだろう。

残ったメンバーから中心となるのは東京新聞杯を使った(エアスピネル、ブラックスピネル、プロディガルサン、ヤングマンパワー)4頭。脚質と京都実績を考えると、金杯を勝ったエアスピネルと東京新聞杯を逃げて勝ったブラックスピネルは有力といえる。この2頭に割って入るとすれば、東京の高速馬場の瞬発力勝負で2着きたプロディガルサンだろう。

最後に穴馬を探すなら条件は問わず血統背景から、[表4]で示したように過去10年でこのレースで好走した種牡馬は、ホワイトマズル産駒、ディープインパクト産駒、スペシャルウィーク産駒。今年出走予定の中ではフィエロ(ディープインパクト産駒)、プロディガルサン(ディープインパクト産駒)には注意が必要といえるだろう。


ハイスピードな高速バトルが展開されるマイラーズカップ!!最終結論は会員ページ内で配信!今なら登録するだけで10,000円分に相当する情報が無料で配信!さらにポイントバック会員としてご登録!豪華特典をゲットしたいなら今すぐご登録ください!!

戻る

にほんブログ村 競馬ブログへ